止まったら死亡

「まったく止まることは想定してません」から始まった

Tiagra 4700 のモデルチェンジに思うこと

| 0件のコメント

こんばんは。ルーベを11速化しようか悩ましくて死ぬ人です。

105をルーベにつけたいな、でも工賃入れたら10万コースだよなぁ・・・とかルーベとにらめっこしならがウンウン唸ってたところに、さらに悩みを加速されるニュースが飛び込んできました。

新型Tiagra 4700の発表です。

正直かなり欲しいです。
僕の2013年Roubaix Sportは105(5700系)とティアグラ(4600系)のミックス仕様なのでフルティアグラにするとグレードダウンになるわけですが、それを差し引いても幾つか変えたい理由があります。

まずはクランク

fc-4700

かっこ良くなりました! 細かいことはいいんです。かっこいいと思います。

僕の4600クランクがこちら

fc-4600

汚いですね。ほんとすみません。
ですが、ピカピカでも、ここだけは・・・正直かっこいいとは思えないのです。
でも汚いというかロゴが消えかけてるのには愛着わきますね。たくさん走りました

そしてスプロケット。

12-28T
11-32T
11-34T
の三種類が用意されるとのことです。

CS-HG500

この前知恵を絞ってTarmacに変態スプロケットをつけたわけですが、11-34ってあなた!
どんだけ楽そうなんですか!

ウルトラワイドレシオになるので頑張って乗るのには適しません。
ケイデンスを90維持! とかいう乗り方には向かないでしょうか。
なんとなくケイデンス80くらいでまったり乗るのには最適だと思います。
これはルーベにはむしろものすごくあってるような、そんな気がしています。

で、まあ、なんといっても気になるのは値段ですよね。
調べてみました。チェーンは消耗品なので、価格には含んでいません。

Tiagra 4700の価格

STI				¥22,425 
クランクセット(50-34)		¥11,851 
スプロケ(11-32)			¥3,676 
ブレーキ			¥6,416 
リアメカ(GS)			¥4,255 
フロントメカ(ダブル直付)		¥3,137 
BB				¥2,251 
合計				¥54,011 

ティアグラの比較対象は何といっても105ですよね。
気になったので調べてみました。

105 5800の価格(値上げ前)

STI				¥21,731
クランクセット(50-34)		¥15,378
スプロケ(11-32) 			¥5,560
ブレーキ 			¥8,838
リアメカ(GS) 			¥5,279
フロントメカ(ダブル直付)		¥3,428
BB 				¥2,440
合計				¥62,654

あら、あんまりTiagraと変わらないです。値上げ前なので15%くらい値上がりすると考えても、、、ティアグラとの致命的な価格差ではないですね。
105の価格の比較対象はなんといってもアルテグラ、気になったので調べてみました。

アルテグラ 6800の価格(値上げ前)

STI 				¥33,702
クランクセット(50-34)		¥25,737
スプロケ(11-32) 			¥8,463
ブレーキ 			¥13,345
リアメカ(GS) 			¥8,501
フロントメカ(ダブル直付) 	¥4,093
BB 				¥2,440
合計 				¥96,281

だいぶ上がりました。でも3万円ですよね。
金銭感覚がいかれてる自分にたまにはっとします。
いかれたついでに、デュラエースも気になったので(略

デュラエース 9000の価格(値上げ前)

STI 				¥52,789
クランクセット(50-34) 		¥56,669
スプロケ(11-28) 			¥25,870
ブレーキ			¥33,053
リアメカ			¥21,436
フロントメカ(ダブル直付)		¥10,349
BB				¥3,421
合計				¥203,587

跳ね上がりました。値上げ前ってつけて、まだ上がるのか…と思います。
よく泥沼に陥るような、実に巧妙なグレード付け、価格付けだと思います。

こうしてみると、

・ティアグラと105の価格はそれほどない
・105とアルテグラの価格差も微妙

こう考えると、ティアグラと105の違いですが、もうこれは価格やグレードの違いではなく方向性の違いなのではないかと思います。

非常に興味深く考えたのは、ティアグラを明確にレース用ではない、ロードバイクの新しいコンポーネントの中核として考えてるのではないかということです。

デュラエース→アルテグラ→105

この序列はまさに縦の序列で、基本的には「グレードが上がれば、価格も性能もあがる」ようにできています。

ところが

105→ティアグラ

の間には必ずしも序列ではない「違い」があるように思います。
その象徴が11-34Tというウルトラワイドレシオのスプロケットのように思えます。
完全にギア比が1:1になるスプロケとか、ツーリングバイクには最高なんじゃないかな…

CS-HG500

※ この写真は12-28のようです

ブレーキだけはデュラエースからすべて互換性があるとのことで、これもよく考えてるポイントです。
ブレーキだけアルテグラやデュラにして下りの安全性を確保する。というのはロングライドバイクの必須要件を満たせます。

ツーリング、フィットネスということであれば、10速のワイドレシオが最適かつ必要十分といえますね。
これは真剣に5800と4700で悩まなくてはいけなくなりそうです。
あ、トップ11Tは絶対いらないと思いますけどね。

まだ2016年モデルはあまり出ていませんが、フィットネス、ロングライド志向なら、うまくTiagra 4700をマッチさせたお手頃価格のロードバイクが今年の後半にも登場するのではないかと、楽しみです。

つづく

(Visited 5,639 times, 12 visits today)

↓ブログランキングに参加してます。物欲まみれの清き一票を投じてください!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメントを残す

必須欄は * がついています