止まったら死亡

「まったく止まることは想定してません」から始まった

デュラエースホイールWH-9000-C24-CL との一年間

| 0件のコメント

C24でもデュラエースと言っていいんだろうか悩みすぎて死ぬ人です。こんばんは

去年増税前に駆け込みで買ったホイールWH-9000-C24-CL(以下C24とします)
この1年間ほとんどこの1本のホイールで過ごしてきました。

wh_9000_c24_cl_01

すみません。買いたての時と同じ写真です。

C24がいてくれたから、赤城山を登り切れました。
C24がいてくれたから、秩父への道を達成しました(これはいつか書きたいと思ってます)

平地巡航が苦手とか言われますが、賓客の自分には関係ありません。
むしろデュラハブの回転のよさが平地でも効いて聞きます。
言うまでも登りはすごく楽になりました。

このホイールはようするに

不満がないのが不満

なほど、優等生ホイールです。
優等生の中の優等生です。

コストパフォーマンスがいいホイールが欲しい人には間違いなくおすすめできます。
値上げしようが消費税が上がろうが、コストパフォーマンスでは無敵なんじゃないでしょうか。

・公称重量 1376g シマノなので、だいたいあってる。クリンチャーホイールとして最軽量クラス
・クリンチャーホイールとして、リム重量は最軽量クラス
・ハブはデュラエースハブだが、こちらは最軽量ではない
・全体的に剛性は低めであるとされている

というのがだいたいの特長です。
軽さもそうなのですが、デュラエースハブの回転のよさは、下りでいつも嬉しくなります。

逆に欠点はというと、

・見たがかっこいい!という人はほとんどいない
・流行りのPEO処理がされていなくてリム面が安っぽいシルバー

要するに見た目ですね。シマノの割には頑張ってると思うんですけど、

このホイールの恐ろしいところは

・高級ホイールと言えるほどではなくお手頃価格で買いやすい
・C24の完全な上位互換となるホイールは存在しない(=買い換えるとしても何かを犠牲しないといけない)
・見た目がお世辞にもいけていない(長く見てると悪く無いと愛着が湧いてきますけどね)

ということです。
履き続ければMavicとかカンパとかフルクラムのかっこいい!ホイールを羨ましく思い、
しかし履き替えれば、それはそれでどこかでスペックダウンをする必要がある。
チューブラーにすればスペックアップできるけど、やっぱりハードルが高い…

つまり…

…泥沼にはまる!!

涼しい優等生の顔をしたC24はまさに泥沼への案内人だったのですね…
次回はぼくの頭の中の泥沼をエントリにしようかと思います。

泥沼はつづく…
泥沼からはやくでたいです

つづく!!!!!!!!

(Visited 885 times, 1 visits today)

↓ブログランキングに参加してます。物欲まみれの清き一票を投じてください!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメントを残す

必須欄は * がついています