止まったら死亡

「まったく止まることは想定してません」から始まった

赤城山ヒルクライム 本番編

| 0件のコメント

こんばんは。赤城を速く登れないと死ぬ人です。

ヒルクライムなんて絶対やらない!

ロードを乗り始めた頃はほんとうにそう思ったのですが、前回の通りエントリしてしまいました。

とにかく登り切ることだけを目標に走りました。足をつかずに登れて、2時間をちょっと切るくらいのタイムでした。
去年の秋の自分としては大満足の結果だったりします。

いくつか努力したことをあげてみます。

・タイヤを超軽量 Pro 4 Comp Ltdにした
pro4_1
実測171gとカタログには及びませんがすごく軽いです。
軽いだけでなくグリップが良くて、パンクを気にしないでいい状況ではむしろ平地が楽しいタイヤです。
正直違いは実感できませんでしたが、全後輪で120g程度の軽量化ですので、効いてはいたのだとおもいます。

・ケイデンス50でも回せるようにローラートレーニングをした
どうせタイムは狙えません。3ヶ月程度の準備期間ではケイデンスを維持する脚力ではなく、
ごまかして登る方法をとりました。
僕の家のそばには山がありませんので、ローラートレーニングに徹しました。

・とにかく頑張らない。回しすぎないを意識した
鳥居の手前では一番後ろになるくらいゆっくりと進みました。
後半では飛ばしすぎてへたばってる人を抜いていったようにおもいます。

・補給食を充分に用意した
read_no21

これがすごく効きました。正直いって2つ用意してたのですが、今年は3つ用意しようとおもいます。
姫百合駐車場を越えてから少しパフォーマンスが落ちて、糖分がほしいと思ったのですが、使いきってしまっていました。
きつい時のスポーツドリンク飲みまくるのは、カロリーがほしい時があるんですね。

2014-09-28 09.46.41

へろへろなんでろくな写真がありません。

もうこの撮影の仕方からして疲労が感じられますよね。よく頑張ってくれたおれのRoubaix

 

2014-09-28 09.45.46

帰宅してから気づいたのですが、右側に有名な人が写ってました。

 

2014-09-28 09.45.42

山頂は壮観でした。

とにかく達成感。の一言。

赤城山は変化に飛んでいて富士山よりずっと楽しいと思いました。

また今年も参加して、こんどは少しはタイムを狙いたいと思っています。

つづく

(Visited 876 times, 1 visits today)

↓ブログランキングに参加してます。物欲まみれの清き一票を投じてください!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメントを残す

必須欄は * がついています